〜〜 DEA (Data Envelopment Analysis) SolverPRO™ とは 〜〜

最近DEA (Data Envelopment Analysis)は、いろいろな国のさまざまな環境で、多種多様な物の評価に使われております。DEAが、 このような新しい可能性を提供するのは、これまで問題が複数の入出力の複雑な関係で成り立っていたゆえに、他の手法では、 あまりに分析が難しすぎたことにあります。例えば、異なる地理条件下の米国空軍メンテナンス問題、英国警察の人事問題、 キプロスやカナダ銀行支店間の経営効率評価、米国、英国、フランスの大学の研究管理問題等などが挙げられます。DEAをこれら の適用例に使用すれば、“社会性”や“安全性”のコストを考慮に入れた入力で“生活環境基準”の出力を求めることにより、 町や国の公共施設の評価を可能にします。このDEAを、ソフトとしてご提供するのが、ここでご紹介するDEA SolverPro™ です。

当DEA SolverPRO™は次の著書を基にしております:

Data Envelopment Analysis-A Comprehensive Text with Models, Applications, References and DEA-Solver Software, by W.W. Cooper, L.M. Seiford and K. Tone 2nd edition (Springer 2006). DEA Book 2nd Edition (hardcover)

以前のバージョンは、 DEA Book 1st Edition (paperback) です。

DEA SolverPRO™のプロフェッショナル版をお買い上げいただく前に、この本をお買い上げいただいて、付属のアカデミック版を お試しになることをお勧めいたします。又、この本は、プロフェッショナル版のマニュアルともなり、ソフトウェアの簡単な記述 を含んでいます。プログラムをお買い上げ頂いた方には、それ以外に、"Introduction to DEA SolverPro™" を用意しています。 そこにはソフトウェアの詳細な説明がなされています。

     


〜〜 DEA SolverPRO™ の製品とご購入  〜〜

   バージョンアップのお知らせ

バージョン15での最新リリースは15bで、Negative Data SBM に対する CRS (constant returns-to-scale) 機能を追加しました。更に Malmquist モデルに関しては cumulative 及び adjusted Malmquist indicesを追加しています。 尚、前回のリリース15a では、Negative Data SBM モデルを導入し、入力データに負の値がある場合にもDEAのモデルが構築できるようになりました。 又この機能により、正の値と負の値が混在する入力もモデル化することができ、例えば財務モデルの構築がより簡単になります。 詳しくは、Newsletter 19 をご参照ください。

バージョン14での最終リリースは14dで、SBM Bounded モデルを含みます。これは前リリースで導入された SBM Max の拡張機能で、モデルの入力や出力に 最小と最大の制約をつけることができます。この機能により、SBMモデルの結果がより現実に即し、実務的になるという効果があります。 詳しくは、Newsletter 17 をご参照ください。

バージョン13での最終リリースは13gです。Super SBM Max モデルを含みます。前リリースで導入された SBM Max は、以前のSBM バリエーションズ を置き換えてます。 この機能では、効率の悪いDMUから最小移動で効率フロンティアに最も近い点を探します。つまり最小努力で最大効率化が得られるというKAIZEN機能を意味します。 詳しくは、Newsletter 15 と、 Newsletter 16 をご参照ください。

バージョン12での最終リリースは12iで、CCRモデルのマイナーな問題を修正しています。又、バージョン12eより、SMBバリエーションズを導入しました。 この機能では、slack-based model (SBM)で、効率の悪いDMUのスコアでも出来るだけフロンティアに近いところで探すようになります。詳しくは、 Newsletter 14をご参照ください。 以前のバージョン12では、ディレクショナル・ディスタンス・モデルを導入しています。このモデルでは、各DMUの決められた方向に沿って、 効率性の計算を行います。特にこの機能では、2種類(通常とスパー)の効率性の計算をすることが出来き、ラジアルモデル(CCRやBCC) の拡張として、大変意義のあるものとされています。詳細は、 Newsletter 13をご参照ください。 尚、リリース10.0より、Excel 2013での稼働も可能になり、12cからはフローティング・ネットワーク版でも64bitExcelに対応しています。

   ネットワーク・ライセンスとフローティング・ライセンス

ネットワーク・ライセンスのご提供も始めました。ネットワーク・ライセンスでは、サーバー上にインストールした DEA SolverPro™を、LAN上にあるクライアントPCから使うことが出来ます。これにより、DEA SolverPro™をコンピュータ・ラボ の教材としてもご利用いただけるようになります。ネットワーク・ライセンスのためには、サーバー版のソフトウェアとUSBポート につなぐ ドングルが必要となりますが、ネットワーク上のどのPCからも簡単に アクセス可能になり、ソフトの同時使用と管理には大変便利です。

また、同時にフローティング・ライセンスもご提供を始めています。フローティング・ライセンスを使いますと、複数のPCに ソフトウェアを設置でき、ライセンス付きのドングルを設置したPCでのソフトのみが 稼動可能になります。これにより1本のライセンスで、自宅と職場での複数PCや、移動先のPCでのご使用が可能になります。

最新リリースでは、ネットワーク版とフローティング版でも64bitExcelで稼働します。ご希望の方は、バージョン12c からご利用出来ます。 これらの新機能についてのライセンスについては、上記のご購入お申し込み方法をご覧下さい。

   Excelのバージョンと32/64ビット・モード

現在稼動が確認されているExcelのバージョンは、2007 (32 bit のみ), 2010, 2013, 及び 2016 (32 bit, 64 bit)です。

Desktop版のVersion 7, 8, 9では、32bit Excel用のソフトと 64 bit Excelのソフトに分かれていました。Version 10では、それが一つになりました。 従って、古いバージョンを64 ビットモードのExcelでのご使用の場合、64ビットバージョンのモジュールを必要とします。インスタレーションCDや ダウンロードには、32ビットモードと64ビットモードのモジュールが両方とも入っていますので、正しいモジュールを選んでご使用下さい。

フローティングやネットワーク版では、以前のバージョンでは32bit Excel用のみでしたが、バージョン12cより64bit モードのExcel でも ご利用出来るようになりました。

   ご購入申し込み方法

DEA SolverPRO™をお買い上げいただくには、申込書( ここからダウンロード)をダウンロードし、必要項目をご記入の後、Fax(03-5579-7135)またはスキャンでお送りください。 申込書を頂いた後、DEA SolverPRO™をCD-ROMにてお送りいたします。お支払いは、クレジットカード(Visa, MC) または、 銀行振込となります。尚、クレジットカードをご使用の場合には、米ドル立ての金額になり、一部日本語の書類提供が出来ません のでご了承ください。DEA SolverPRO™をインストールすることは、ライセンス契約書にご同意することを意味します。 あらかじめ契約書を ここからダウンロード してご覧ください。

お値段は、教育機関(学生、教師の方に限ります)のCPU一台につき10万円プラス消費税8千円、またはビジネス向けのCPU一台に つき19万円プラス消費税1万5千2百円です。尚、これらの値段は通常のCPU(quad core、 最大 8 multithread まで)に対する値段です。 機種によっては9個以上のThreadを備えているものがありますが、それらに対してのライセンス費用は30%増しとなります。 又、追加CPUやからのライセンスについては半額で、同じ教育機関の個人または学部の場合は5万円プラス消費税 (但し同じ大学でも別学部での ご購入は新規とします)、またビジネス版は9万5千円プラス消費税となっております。もし、DEA SolverPro™のバージョン1から10を お持ちの方で、バージョン・アップをしたい場合のお値段は半額です(申し込み用紙に「アップグレード」と注記下さい)。尚、この半額値引きは 以前より高価なバージョンをご購入の際には以前のバージョンの半額が適用されます。現在消費税は8%です。

ネットワーク・ライセンス(下記参照)のお値段は、同時に使用可能なユーザー数によって異なってきます。具体的な値段については、 この表をご参照ください。

お値段は予告なしで変更されますので、ご注意ください。

   最新リリースのダウンロード

* バージョン15 のユーザー

バージョン15 の最新版として15b をリリースしました。このバージョンは、NegativeData_SBM models に対するCRS (constant returns-to-scale)機能を 追加しました。尚、Negative Data SBM Model は、バージョン15a より含まれています。

* バージョン14 のユーザー

バージョン14 の最終版として、14d をリリースしました。このバージョンは、SBM Bounded Model を含んでいます。 このバージョンやそれ以前のユーザーはアップデートとして半額でのご提供になります。古いバージョンも含めて、既存ユーザーは右上のリンクから ダウンロードしていただけます。

* バージョン13 のユーザー

バージョン13 の最終版として、13g をリリースしました。このバージョンは、Super SBM Max の機能を含みます。

* バージョン12 のユーザー

バージョン12 の最終版として、12i をリリースしました。リリース12eより、SBM バリエーションズの機能を含んでいます。

* バージョン11、或いはそれ以前のユーザー

これらのバージョンのダウンロードは終了しました。最新版のDEA Solver Proにバージョンアップされることをお勧めします。ご希望の方は、購入申し込み書に「アップグレード」と 注記し必要情報をご記入の上弊社までお送りください。値段は半額です。

また、最新のニュース・レターはここからダウンロードできます。 これまでのニュース・レターすべては、ここでダウンロードできます。

〜〜 サポート情報  〜〜

   技術サポートはEメールのみで、電話での対応はしておりません

現在世界中の顧客からの要求により、複数のWindowsとExcelによるバージョン管理を行っております。従ってテクニカル・サポートはEメールだけで   受け付けており、場合によってはすぐに解決しないこともあります。もしお急ぎの用件(研究論文の締め切り、学会での発表、個人的な都合、弊社の担当範囲 を超える事柄、など)がある場合、それらを考慮した個別の対応はしておりませんので、前もって十分な時間をもってご発注されることをお勧めいたします。 また日本支店では営業窓口ですので、電話での技術的なご質問にはお答えしておりません。以上をご理解の上、ご質問は基本的にすべてEメールでお願いたします。

   バグ対応は迅速にしますが、解決時期のお約束はできません

バグの修正は逐次速やかに行っております。但し、問題によっては相当時間かかる場合もあり、修正に要する時期のお約束は出来ません。 また個別バグの修正も含めて、個人的な理由による特別な配慮もできませんので、そのようのご要望も原則お受けしておりません。また日本支店では 営業窓口ですので、技術的なご質問にはお答えしておりません。以上を踏まえて、全ての問い合わせは Eメールでお願いいたします。

   トレーニングやデモクラスで臨時ライセンスについて

トレーニングやデモのためのクラスでのご使用希望も多くなっております。そのようなクラスでのご使用のために、 臨時のDongleによる臨時ラインセンスを発行するサービスを行なっております。サービスの値段は、20人までのクラス1回毎に ¥20,000、30人までのクラスは¥25,000、40人までのクラスは¥35,000です。又別途Dongleのデポジットとして、 ¥30,000 必要です。ご希望の方は、申し込み用紙に必要事項をご記入の上、Faxもしくはスキャン付きメールで弊社 までお送りください。申し込み用紙は、こちらです。

   ハードのクラッシュやOSのアップグレードによる再ライセンス

ハードがクラッシュした方や、Windows OSをバージョン・アップした結果、DEA SolverPRO™の登録キーの再発行を必要とする場合 があります。お持ちのバージョンを最新バージョンにアップ・デートせずに登録キーの再発行のみをご希望の場合には、所属機関 (大学や企業)の管理者でユーザー以外の方からの正式な依頼書をお送りください。そのようなご依頼にたいしては、各ユーザーにつき 1回のみ再ライセンスを発行いたします。尚、古いバージョンは上記の最新リリースにあるダウンロード可能なバージョンのみを対象とします。 それ以外のバージョンの場合は、バージョンアップオプションをご検討ください。

さらにDEA SolverPRO™のバージョン・アップも同時に行いたい場合には、上記のバージョン・アップの費用が発生します。 申込書にバージョン・アップと明記してお送りください。

   登録キーや技術サポートについてのお問い合わせ

上記にある通り、登録キーを発行する手続きやテクニカル・サポートはEメールだけで受け付けております。お問い合わせには、必ずお名前、 所属機関、ライセンスをお買い上げの期日、DEAのバージョン番号を記述ください。登録キーの発行には、1日以上かかることもありますので、 ご了承ください。尚、お問い合わせに関する返答についての〆切期日は保証しておりません。又、ネットワーク・ライセンスや フローティング・ライセンスの場合には、登録キーはなく、USBにつけたドングルがその代わりをします。

   登録キーの発行〆切

ライセンスをお買い上げの後、登録キーを発行する期間は60日以内です。この期間を過ぎますと、登録キーの発行には お答えできない場合もありますのでご注意ください。

   コンサルティング・サービス

弊社では、DEA を使ったモデルの構築や、実際のケースに対するコンサルティング・サービスも行っております。詳しくは、 弊社まで お問い合わせください

ホーム | 製品 | 関連リンク集
Copyright 2019, SAITECH, Inc.